プログラミングスクールの選ぶ際に

IT関係の仕事は日本でも人気が高いです。特に若い人に人気なのがプログラマーで、将来的にエンジニアが不足していることもあり、ここ数年でプログラミングスクールが急増しています。でも、いざプログラムの勉強してみようと思っていてもどのようにプログラム教室を選べばいいか迷ってしまうこともあります。そんな時に少し参考にしてください。

 

プログラミングスクールにはオフラインで学べるスクールとオンラインで学べるスクールという2つの学び方があります。それぞれに特徴がありのでざひ参考にしてください。

 

オンラインスクールの特徴

どこに住んでいても勉強できることです、パソコンとインターネット環境があれば、自宅やカフェと行った場所を問わずどこにいても学ぶことができるということです。
専門学校は都市部に多いので、住んでいる場所によっては通学に時間がかかります。オンラインスクールなら、通学にかける時間を勉強にあてることができその分時間を有効活用することができます。自由にプログラミングを学べるオンラインスクールですが、基本的に動画や教材によって学ぶので、わからないことがあってもすぐに聞けないことがあります。メールやチャットで質問ができるサービスもありますが、メールの場合は返信が翌日になることもあります。
チャットも時間帯によっては返信がすぐこないです。勉強に熱中している時にすぐに質問の答えが返ってこないとストレスを感じる人もいます。ただ、メールやチャットがすぐに帰ってくる時間帯を勉強時間にすれば問題は解決します。

 

料金もオンラインスクールの方が安いです。
オンラインスクールもオフラインスクールも無料の体験コースがあるので、まずは体験してみると自分がどちらに適しているかがわかります。
オンラインスクールは数が多いので選択に迷う人も多いです。ただ生徒が日本全国にいるので、情報は集めやすいです。
最近は自分のブログで情報を発信している人も多くなっているので、スクール名で検索すれば体験談が見つかる可能性は高いです。

 

オフラインスクールの特徴

プロの先生にわからないことをその場で聞けることです。オンラインスクールでは自分ひとりで学びますが、オフラインスクールは仲間や先生がそばにいるので、刺激をもらえます。モチベーションを保てるというメリットもあります。ひとりだとモチベーションが下がってしまう人は、オフラインスクールの方が向いていのではないでしょうか。