プログラミング言語の種類と特徴

プログラミングを初めて学ぶという方に知ってほしい、主なプログラミング言語をご紹介します。

まずは覚えたプログラミング言語一覧

HTML&CSS

HTML&CSSの特徴としてあげられるのはウェブサイトの製作などに広く利用されているプログラム言語であることです。このうちHTMLでは主に、ウェブサイトの機能面に関するプログラムを担当し、CSSは外見上の効果を担当しています。プログラム言語としてのHTMLの特徴はマークアップ言語であることです。マークアップ言語とは文章の構造や視覚的な効果を叙述するための言語のことです。HTMLではタグとよばれる記号を使ってプログラムを書くことが多いのも特徴です。特定のタグの間に囲まれた文章がそのタグを構成する要素となり、その種類によってさまざまな表現が可能になっています。このタグに挟まれた要素を修飾する機能を持つのがCSSで、文字の色や大きさなどを自由変えることができます。

 

主にホームページなどのwebサイトを制作するときに使う言語です。webデザイナーやwebプログラマーなどを目指してるのであればまずは覚えたプログラム言語です。

JavaScript

JavaScriptはウェブサイトの作成からアプリケーションソフトの開発まで、コンピューターの世界で幅広く使用されているコンピューター言語です。プログラム言語としてのJavaScriptの特徴としてあげられるのはオブジェクト指向のスクリプト言語であることです。オブジェクト指向とはプログラムを構成している各種のオブジェクトどうしの関連性を重視して、プログラムを叙述していく方法のことを意味します。ここでいうオブジェクトとは機械上のデータを扱うための一つの単位のことであり、それ自体でデータの計算や代入などの一定の処理ができるものの事を意味します。これら個々のオブジェクトを機能的に働かせるようにJavaScriptのプログラムは作成されています。

Ruby

Rubyはウェブアプリケーションの開発で主に使用されているコンピューター言語です。Rubyは日本人が開発したプログラムであり、日本で作られたプログラムとしては初めて国際電気標準会議で国際規格に認定された、世界的にも広く使用されている言語です。プログラム言語としてのRubyの特徴としてあげられるのは、オブジェクト指向のスクリプト言語であることです。Rubyはプログラムを作るプログラマーができるだけストレスを感じないように配慮して作られた言語です。Rubyでよく使用されているコードにはブロックつきのものが多いことも特徴です。コードの両側を特定の括弧で囲むことによって、処理を簡潔に叙述することが可能です。

PHP

ウェブサイトを動的に作るための目的で、広く用いられているのがPHPです。PHPはHTMLの機能を補完する言語として作成された歴史があります。プログラム言語としてのPHPの特徴としてあげられるのがHTMLと類似した叙述方法で書かれることです。また比較的簡単な文法でプログラムを書くことができるのもPHPの特徴であり、オブジェクト指向の考え方も取り入れています。データベースを使用した処理が簡単にしやすいように、データへのアクセスも容易にできるようにも工夫されています。その他にはさまざまな機能を備えたウェブアプリケーションを作成することができるように、使用できる組み込み関数が非常に多いことも特徴です。

Java

コンピューターの世界において、世界中で一番広く使用されているのがJavaというプログラムです。似たような名前のプログラムにJavaScriptがありますが、この二つは全く別の言語です。プログラム言語としてのJavaの特徴としては、オブジェクト指向のプログラムであることです。JavaのもととなっているのはCやC++などの言語ですが、これらのものからも構文などにおいて類似する点が多くあります。Javaが世界中で広く普及している大きな理由としては中間言語を使用してプログラムを処理することができることがあげられます。機械語に直接変換せずに中間言語に変換することによって、さまざまなプラットフォームで動作可能なアプリケーションソフトが作れるようになっています。

jQuery

ホームページ作成にはhtmlとCSSに加え、JavaScriptを学ぶと良いと言われています。この言語を利用すると動的なサイトが作成できたり、検索やカウントタイマーといった便利な機能を設置することも可能です。利用者に「面白い」「便利」と思わせる仕掛けを施すことができる点がJavaScriptの長所です。

 

とはいえ、JavaScriptは簡単なプログラミング言語ではありません。記述が複雑であることから、初心者が扱いにくい面があります。そこでjQueryが注目されています。「jQueryって何?」「初めて聞いた」という方もいらっしゃることでしょう。jQueryとは端的に言えば、JavaScriptを便利に使い勝手を良くしたものです。少ない記述でも利用者に訴求する動きを加えることが可能であることから、多くのWebデザイナーから支持されています。

 

jQueryでできることはJavaScriptとほぼ同じです。動的な効果を加えたり、時間帯や利用者の行動によって見た目が変わる演出を出すこともできます。しかも、jQueryはブラウザによってコードが動かなかったり見え方が異なるといった問題点とも無縁です。

Swift

Swiftはプログラミング言語で、ネイティブアプリを開発する際に使うことができます。対象のOSはMacOSとiosで、Swiftでできることは、iPhoneなどのアプリやMacパソコンに向けたアプリを開発することです。従来のiosやMacのアプリの開発は他の言語が使われており、今でもその言語は使うことができますが、Swiftはそれに代わる新たな言語として設計され、最新の設計思想を盛り込んでいるので簡単にアプリの開発可能です。
SwiftでできることはisoやMacのアプリを開発する時に使うプログラミング言語で、acodeを使って開発するため、xcodeが動作するMacパソコンを使います。xcodoを取得する場合はAppleIDでダウンロードが可能で料金は無料です。
Swiftはスクリプト言語の設計を取り入れているので、他の言語と比べて学習コストは要りません。型の指定が必要なく、セミコロンも必要なく、さらにメモリの解放についてもコードを書く必要はありません。軽量に動作もするのでスマートフォンの普及で情報量が増えていますが、快適に動作するアプリを開発できるのはメリットと言えます。

Python

Pythonとは機械学習で使用する言語となります。あまり一般的なIT職場では使われにくい言語かもしれません。比較的マニアックな言語ですが、機械学習の重要性が近年高まって来ており、学んでおいて損は絶対にないスキルです。

 

今後社会は急速にITの重要性を高めていきます。いわゆるAIに人間の頭脳労働を任せる世界観がリアルに構築されていきます。その時、機械学習で使用する言語をマスターしておけば爆増するAI関連の仕事をゲットしやすいはずです。

 

AIは機械学習によって、その知識と思考能力を高めていきます。ピアノの調律のように有能な人工頭脳も人が最初はコーチングをしなければならず、そのスキルを持っていく事が、手に職をつける事となるでしょう。